~つぶつぶScientiaへようこそ!~

イチゴアイスの中に入っている小さな苺のつぶ、海辺で手のひらに残った砂つぶ、乾いた地面に落ちた最初の雨つぶ…小さいことだけど、ちょっと人生が楽しくなったり豊かになる。そんなScientia(スキエンティア)=知=のつぶつぶを探しに行こう。

2014年12月20日土曜日

イベントのご案内 2015年2月

本イベントは終了いたしました。ご来場くださった皆様、誠にありがとうございました。当日の様子は簡単にこちらに掲載しております。ぜひご覧ください。

Sweet Science vol.5 @渚小屋
神経細胞の森を歩く
~脳神経細胞のおはなし~

開催のご案内
2015年2月22日(日)
黒門カフェ渚小屋(神奈川県逗子市新宿1-4-7 黒門駐車場内)
主催:カガクの粒


フライヤーはこちらでもご覧いただけます
脳にまつわる研究はおそろしく多岐にわたりますが、今回のSweet Scienceでは脳の中の神経細胞のお話をお届けします。神経細胞はどんな姿をしているのでしょうか。研究者はどんな風にそれを観察しているのでしょうか。脳科学研究の最先端である理研BSIで日々研究にいそしむ田尾賢太郎さんをお迎えして、一般向けにお話をしていただきます。

神経細胞が中学の理科でちらりと出てきたことをすっかり忘れている、そこのあなた。
高校の生物を選択したけど神経細胞などすっかり忘れたあなた。
なんだかわからないけど面白そう!というあなた。
はい、そんなあなた、ぜひどうぞ!

「脳の神経細胞といえば、2014年のノーベル生理学・医学賞を受賞した研究テーマを思い出すな、動物の空間把握のメカニズム研究に多大な貢献をしたとしてオキーフ(John M O'Keefe)博士と、モーザー博士夫妻(May-Britt Moser, Edvard I. Moser)に賞が授与されたのですよね(関連記事:日経サイエンスはこちら 日本科学未来館はこちら)、はっはっは」というそこのあなた。
そんなあなたもぜひどうぞ!

動物の脳の中に広がるまるで森のような、不思議な神経細胞の世界。渚小屋のスイーツ天国と共にお楽しみ下さい!詳細は以下の通りです。

【日時】
2015年2月22日(日)14:00~

【会場】
黒門カフェ渚小屋 (神奈川県逗子市新宿1-4-7 黒門駐車場内)
JR横須賀線・逗子駅または京浜急行・新逗子駅より 徒歩約15分
駐車場(300円/h)有

【講師】
田尾賢太郎さん
1985年、徳島県生まれ。2008年、東京大学薬学部卒業。2013年、東京大学大学院薬学系研究科博士課程修了。薬剤師、博士(薬学)。2010年から2013年まで日本学術振興会特別研究員(DC1)、2013年より独立行政法人理化学研究所脳科学総合研究センター(BSI)研究員。在学中の主なテーマは神経細胞の活動依存的な形態形成。現在は脳におけるドパミンの機能について研究している。


【対象】
成人~中学生(先着15名)

【参加費】
おひとり 3,000円(ワンドリンク・スイーツ付)

【お申込み方法】
①お名前 ②参加人数(学年) ③連絡先電話番号 ④田尾賢太郎さんに聞いてみたいこと・いま疑問に思っていること等 を必ず明記の上、下記アドレスまでメールでお申込み下さい。
kagakunotsubuあっとgmailどっとcom (あっと→@、どっと→. に変えてください。)

【お問合せ】
上記メールまたは、☎ 090-5321-5660 (マシタ)へどうぞ。
カガクの粒のTwitter(@kagakunotsubu) および Facebookページ に最新情報を掲載いたします。
渚小屋のスイーツ天国
皆様のお申し込みを心よりお待ちしております!
(以上)

0 件のコメント:

コメントを投稿