~つぶつぶScientiaへようこそ!~

イチゴアイスの中に入っている小さな苺のつぶ、海辺で手のひらに残った砂つぶ、乾いた地面に落ちた最初の雨つぶ…小さいことだけど、ちょっと人生が楽しくなったり豊かになる。そんなScientia(スキエンティア)=知=のつぶつぶを探しに行こう。

2016年2月8日月曜日

イベントのご案内 2016年4月


本イベントは終了いたしました。ご参加の皆様誠にありがとうございました。当日の様子はこちらのページをご覧ください。

国際光年の翌年記念 特別企画
『顕微鏡で宝探し』
開催のご案内

昨年2015年は、国際光(ひかり)年でした。その翌年(!)を記念いたしまして、ささやかなイベントを開催いたします。いろいろな顕微鏡が逗子にやってきます。身近なものを中心にゆったりと覗いてみましょう。その他にも、光の不思議を知るミニワークショップ、顕微鏡にまつわるミニトーク、小さなゲームコーナーも準備しています。
レンズを通った光がおりなす小さな世界と光の不思議を探しに、遊びに来てください。



☆日時 2016年4月10日(日) 13:30~16:30(受付開始13:10)
   
☆場所 黒門カルチャーくらぶ(神奈川県逗子市新宿1-4-7)

★内容
参加には事前に申し込みが必要です。当日13:30~16:30の間、受付を済ませた方は入退場自由です。(顕微鏡観察をなさるかたは、13:30~の説明を必ず聞いてください)

「観察してみよう」(小中学校の理科以外に顕微鏡をのぞいたことのない方大歓迎)
今回使用する顕微鏡の種類は、実体顕微鏡、生物顕微鏡、金属顕微鏡の三種類*です。自分でピントを合わせて身近なものを中心に観察してみよう。ピントがあったら、スケッチもしてみるとよいですね。13:30~ 使い方の説明があります。
*ニコンエクリプスE600、ニコンオプチフォト等(協力:ねこのてぶくろ亭)

「ミニトーク」(約15分 小学生向き)
14:45~「金属を見る顕微鏡」~金属の中ってどうなってるの?~(おはなし:えぬさん)
16:00~「顕微鏡で宝探し」~顕微鏡写真のいろいろ~(おはなし:だぶさん)

「ミニワークショップ」
虹ビーズをシートに貼って虹が見えるシートを作ります。どうやったら虹ができるのかな。(指導:たかさん)

「ミニゲーム」
ストラックアウト(的当てゲーム)です。観察の合間に、どうぞ。

☆参加費(当日徴収)
小学生~大学院生 1000円
小学生親子 1500円
成人 1100円  

★申込方法
①参加者氏名 ②学年 ③連絡先電話番号 をご記入の上、メールでお申込み下さい。
申込先 kagakunotsubu@gmail.com

お申し込み後数日たっても受付完了メールが届かない場合は、090-5321-5660(マシタ)までご連絡下さい。定員になり次第、締め切ります。


スマホ顕微鏡で撮影した粗塩です。
本格的顕微鏡で見たらどんなふうに見えるんだろう?
他にどんなものを見てみたい?
協力(敬称略): ねこのてぶくろ亭ほか
主催: カガクの粒